スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念

一番人気は,天皇賞秋を勝利し,JC3着のメイショウサムソン。
二番人気は,陽気なフランス人O.ペリエ騎乗のポップロック。
以下,お騒がせダービー娘のウオッカ,南半球産ロックドゥカンブ,GⅠ3勝含むパーフェクト連対馬ダイワスカーレットと続く。
POG馬のダイワスカーレットとハイアーゲームが出走。
例年にない豪華メンバーの冬グランプリ。

【レース回顧】
ダイワスカーレットが楽に逃げられるのかな?と思っていたら,ゴリゴリ押してチョウサン(ノリ)が逃げる。
馬場次第で作戦を決めると言ってたが,横山典弘は逃げを選択。
ダイワスカーレットは2番手に控える。
その後ろにマツリダゴッホ,サンツェッペリンがいて,ダイワメジャーとポップロックが中団,ウオッカとメイショウサムソンがやや後方からの競馬となる。
サムソンがウオッカよりも後ろという不可解な位置取り。
ちなみに高田騎手騎乗のドリームパスポートは最後方から。

道中,ダイワスカーレットは終始掛かり気味で,アンカツもどうにかなだめようと内にいるチョウサンと離す為,少し外よりに進路をとるもあまり変わらず。
後ろのマツリダゴッホはとても気分良さそうに走っている。
3コーナーで後ろの馬が前に取り付こうとするも,前にいる馬も一気にスパートする。
4コーナーでチョウサンが脱落しダイワスカーレットが抜け出るか?と思ったら,ウチから一気にマツリダゴッホがコーナーワークで先頭に。
中団より後ろにいた有力馬は伸びない!?
前の争いは,マツリダゴッホがさらに引き離すもダイワスカーレットも最後追い詰める。
しかしその差は縮まらない。
3着争いは,兄ダイワメジャーとロックドゥカンブ。
先頭は,マツリダゴッホ。

マツリダゴッホ優勝!!

混戦を言われた有馬記念も,蓋をあけてみればまさかのマツリダゴッホでした。
KYと言えばそうなのかもしれませんが,それも競馬...かな。


【感想】
POG馬のダイワスカーレットが負けて悔しいというのが一番でした。
ただ,正直あそこまでやれると思ってなかったので,大健闘と言えるでしょう。
3歳牝馬の力を証明出来たのでヨシとします。
ファン投票一位の馬はだらしなかったですが。

勝ったマツリダゴッホは,本当に中山巧者なのでしょうね。
とはいえ,力が無ければ勝てないので,強かったということでしょう。
サムソンとポップロックの敗戦の理由が???です。
秋天→JCの疲れかもしれないですね。
この2頭が揃って3着を外すとは思っていなかったので,本当に驚きました。

後悔があるとすれば,ダイワスカーレットを信じ切れなかった事ですね。
来年はもっと人気になるでしょうが,とことん信じていきたいと思います。
スポンサーサイト

tag : ダイワスカーレット

コメント

Yakutaさん,こんばんは☆
GⅠレース回顧もダラダラと贔屓目に書いちゃってます(苦笑)

ヒシアマゾンもブライアンの2着で凄かったですし,牡馬に混じってこの距離での2着はスゴイですよね♪
やはりドバイに行くようなので今から楽しみです。

5日まで中央競馬はお休みですね。
東京大賞典は勝負するかどうか悩み中です(笑)
とにかく今は6日が待ち遠しいです!

708さんこんばんは。
レース回顧、いつも楽しく拝読させてもらってます^^

3歳牝馬の連対は1994年のヒシアマゾン以来ですから、
ダイワスカーレットは本当に良く走りました。
もうウォッカとの勝負付けは済んだと言えるでしょうね。
来年は、混合GⅠ、そして海外遠征と夢が膨らみます。
マツリダゴッホは、中山以外では不可解な惨敗を度々する馬なので、
来年はグランプリホースとして貫禄の走りを見せてほしいです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。