スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日杯FS

一番人気は,大先生騎乗のスズジュピター。
二番人気は,京王杯2歳Sを制したアポロドルチェ。(7枠14番)
以下,唯一の抽選馬(1/8)ゴスホークケン,キャプテントゥーレ,ヤマニンキングリー,エーシンフォワードと差が無く続く。
※例年に比べると小粒な印象。

【レース回顧】
セレスハントがゲート入りを嫌い,各馬かなり待たされてのスタートとなった。
ゲートが開いた瞬間からゴスホークケン劇場の幕開け。
好スタートからスムーズに先頭を奪う。
以下,ギンゲイ,キャプテントゥーレと続く。
人気のスズジュピターとアポロドルチェは中団から進む。
外の方の馬はこぞって後方からの展開。
それらを尻目にゴスホークケンはマイペースでスイスイと逃げる。
4コーナーで早くもギンゲイはおつりがなくなる。
キャプテントゥーレは,前走同様の走りで先頭を伺うもゴスホークケンも簡単には捕まらない。
それどころか差はドンドン開いていく。
せめて2着確保を...と願うが,内からレッツゴーキリシマが突っ込んでくる。
前との差は縮まらず,内のレッツゴーキリシマには何とか詰め寄るも最後は同じ脚色に。
そして勝ち馬はさらに前に。
ゴスホークケン,レースレコードとコンマ1秒の好タイムで快勝☆


【感想】
勝ち馬はお見事です。
抽選を通る幸運もそうだし,1番で好スタートから逃げ。
全てが巧くいった印象。
もちろん,レコードタイムに近いですから実力もあると思います。
キャプテントゥーレは2着になって欲しかったですが,良く頑張ったと思います。
最後に,1・2番人気馬は何やってんだ!?って感じでした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。