スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラークフライト

松山康厩舎
レース後に歩様の硬さが残るため、獣医師の診断を受けたところ、左前トウ骨遠位端を骨折していることが判明しました。
「今朝は馬場入りし軽く乗ったのですが、歩様が悪いというわけではないものの、少し硬さが残る状態に見えました。使った分の疲れだろうと思っていましたが、左前トウ骨の部分を気にしていたので獣医に診てもらいました。レントゲン検査を行った結果、左前のトウ骨を剥離骨折しており、全治6ヶ月ということになってしまいました。おそらくレース中に負ったものだろうと思います。最後に勢いよく伸びてくる馬なので、どうしても脚元に負担がかかってしまうのでしょう。ここにきてようやく力をつけて、いい競馬ができるようになってきていただけに残念です」(松山康師)
今後については関係者間で協議を行っており、一両日中に決定いたします。


ラークくん...
半年という重めな骨折しながら良く頑張ったね。
次こそは!と期待していたので本当に残念です。
ダートに転向してからの,最後に追い込んでくる姿にはとても興奮しました。
年明けから早々からダートを使ってくれていれば...と悔やまれますが,ラークくんには罪は有りませんからね。

明日には協議の結果が出るでしょうが,最悪の結末を覚悟しておきます。
何とか復帰してもらいたいです...
スポンサーサイト

tag : キャロット ラークフライト ラークホイッスルの06

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。