スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラークフライト

松山康厩舎
26日は軽めの運動を行っています。
「前回はスタートもまずまずでいい位置でレースを運ぶことができましたが、今回はスタートもひと息でしたし、外の枠からのスタートでより位置が悪くなってしまいました。行きっぷりも良くなかったし、前半でもたついてしまいましたね。道中の手ごたえもひと息だったのですが、それでも直線で追い込んでくるのですから、力をつけている証拠でしょう。なんとかしたいですね。今のところレース後の大きな疲れは見せていませんが、暑い時期ですし、慎重に見ているところです。可能なら中1週と考えていますが、あくまでもコンディション次第と考えています」(松山康師)
馬の状態次第ですが、9月6日の新潟競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に出走する予定です。


本当に中1週のようです。
今の時点で6日と決めるには何か理由があるのでしょうか?
もしかしてタクマの都合???(笑)
日曜は重賞があって有力騎手が揃うと思うのだが...
出るならば,今決めるのではなく相手関係を考慮して決めてもらいたい。
スポンサーサイト

tag : キャロット ラークフライト ラークホイッスルの06

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。