スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラークフライト

松山康厩舎
27日は美浦南Dコースで追い切りました(68秒8-54秒2-40秒7-14秒0)。
「次はダートを試してみるということで、事前の追い切りで感触を掴むために今日はダートコースで追い切ってみました。お姉さんのペニーホイッスルもダートでのキャンターが良い馬だったし、この馬も同様にいい動きを見せてくれればと思っていました。終いこそ14秒と少しかかってはいますが、実際の動きはいいものだったし、好感触を得ることができました。この馬は気持ちの問題もあるので、砂を被ったりすることで悪い方へ作用しないかだけが心配ですが、何とか次は内容のあるいい走りをして欲しいですね。来週に頭数の集まりにくい傾向のある若手限定戦があるので、そこを目指すつもりです」(松山康師)
6月7日の東京競馬(3歳未勝利・若手限定・ダ1600m)に出走を予定しています。


この時計で動きが良かったのでしょうか?
ちょっと怪しいです。
さらに,若手限定戦は頭数多いです。
本当に調べて言ってるのかな?
ダート戦であったり,減量騎手(おそらく)を起用するのは良いのですが,コメントの信用度は月日が経つにつれなくなってます。

ラークくんが元気で本気の走りが出来るならそれで良いですが。
スポンサーサイト

tag : キャロット ラークフライト

コメント

No title

>むらさん
こんばんは~
オイラも同じ意見です。
気持ちも大事でしょうが,調子も大事ですね。

どうでしょう

なんかいつも通りの結果になりそうな気がして
やみません。
気持ちだけの問題なのでしょうか。
あと3ヶ月ほどでしょうか。
一変する姿は見れるのでしょうかv-11
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。