スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラークフライト

松山康厩舎
26日の東京競馬では好スタートから中団の後ろを追走。
直線に入って追われるも伸びを欠き16着。
「これまでの競馬っぷりなどを踏まえて、思い切って極端な位置からの競馬も考えていたのですが、スタートが良くて中団やや後方を進む形になりました。調教で跨がった時の感触は悪くなかったのですが、実戦ではいい走りができませんでした。道中はのけ反るような格好で走っているし、追い出してからも内ラチを見るような格好で走っていました。走ることに対して気が向いてないのかもしれません。今日の内容だと短期間で変えるのは厳しいので、長い期間で改善させる必要がありそうです。条件を替えて、小回りの中距離ダートなどで違った競馬を試してみるのもいいかもしれませんね」(横山典騎手)
「前走から体は減っていましたが、極端に細い感じはなかったし、状態は悪くなかったと思います。ジョッキーと話をして、極端な競馬も考えていたのですが、スタートが良くて結果的には中途半端な競馬になってしまいました。道中はまわりに包まれ苦しい形になってしまったため、馬が怒って走っていたようです。レースや調教でも、たまに変な走りをするところがある馬なので、今日も気難しさを出してしまった感じです。試行錯誤しながらなんとか上昇するきっかけを掴まなければいけません。今後に関しては様子を見ながら判断していきます」(松山康師)
レース後の状態を見て、再度放牧に出すか、使いながら良化を促していくか判断していきます。


残念な結果で,心底凹みました。
レクチャーの雰囲気もお通夜のようで...
続報を待ちます。
スポンサーサイト

tag : キャロット ラークフライト ラークホイッスルの06

コメント

No title

>みいめいさん
ホントに黙るしかなかったです。
今度こそ立て直したと思ってただけにショックです...

情けない結果

708さん何て言ったら良いのやらですね~。
悔しいを通り越して、開いた口が塞がりませんでした。現地で観戦されたなら尚更。。。
どうしましょうね~。参りました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。