スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラークフライト

松山康厩舎
18日の中山競馬では4、5番手を追走し、早めに先頭へ並びかけるも、そこからの伸びを欠き9着。
「渋い馬だし、積極的に運ぼうと心掛けて乗りました。ただ、今日は息の入らない厳しい展開になって、最後は苦しくなってしまいました。最初のコーナーで勝ち馬がすぐ内に入ってくれればよかったのですが、張られる格好になって前に壁を作ることができませんでした。そこで理想的に運べていれば違っていたはずですし、乗り方ひとつで1600mから2000mまでなら大丈夫だと思います。今日はモタれる面もなかったし、走りは徐々に良くなっていますね」(松岡騎手)
「壁が作れなかったのもあったし、今日はキツい流れになってしまいました。距離はこなせなくはないでしょうが、マイルくらいの方が競馬はしやすいでしょう。今後の出馬状況次第ですが、そのあたりを目標にしていきたいと思います。前回はやや消化不良な形になりましたが、今回はジョッキーもビッシリ追ってくれたので、気持ちの面でもグッと良くなるはずです。今日の経験が活きてくるでしょう。まずはレース後の状態をチェックし、次へと向かっていきます」(松山康師)


初の賞金圏外という厳しい結果でした。
3コーナーでは淡い期待を抱いたのですが...
最後はパッタリと(T_T)
人馬ともに気持ちを切り替えて次に向かいましょう。
スポンサーサイト

tag : キャロット ラークフライト

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。