スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェンダバール

中尾正厩舎
7日の小倉競馬では中団から外目を進出し直線は一旦先頭に並ぶも最後は力尽きて7着。
「ゲートは普通に出たのですが、いつもはある程度楽に行ける馬が今日はなぜか頭をあげて行けなかった。進まないから仕方なくムチを使うと逆に掛かるくらいの行きっぷりになったので引っ張らない程度に外を追い上げて行きました。直線向いた時には一瞬そのまま押し切ってくれるかと思ったけど急激に止まってしまいました。喉が鳴っていたのでその影響からだと思います」(芹沢騎手)
「スタートからモタモタしていてこの馬本来の競馬が出来ませんでした。これまでも稽古で終いの時計が出なくてもいい走りができたように問題はないと思っていましたが、レースで喉が鳴っていたようだし、内面的なものが影響したかもしれません」(中尾正師)


これが実質最後の更新かなぁ...と半分泣きながら書いてます。。。

出ムチを入れたのはそういう理由だったんですね。
行きっぷりが悪く,騎手も仕方なかったのでしょう。
しかし,喉鳴りとは...
最近にそうなったのか,そういう気配があったのかはわかりませんが,喉鳴りであれば仕方ありませんね。
進退については触れられていませんが,ますます引退が濃厚です。
去年のアドミラビリスみたい(500万挑戦だけで【鬼の連闘は勘弁】)にならないかなぁと,わずかな期待を持ってます☆
喉がそんなに悪くないのであれば,1・2回で良いから挑戦してもらいたいです...
水曜にはそんな夢物語も打ち砕かれるでしょうが。
スポンサーサイト

tag : キャロット ヴェンダバール

コメント

>ターコイズ・ブルーさん
どちらかであれば幸いです。
贅沢を言えば,格上希望で。
一応,それ以外の報告も覚悟してます。。。

>駿父さん
ノド鳴りはいつからだったのか,今現在どの程度なのかってのも今後にかかわりますよね。
オイラも再ファンド抜きにしても走り続けて欲しいです☆

そうえいば、今後のことが書いてなかったですよね。
ノド鳴りは今までもそうだったのかなあ、と勘繰ってしまい
ますが。
最悪地方で走り続けてほしいです。(再ファンドなしでも
いいから)

次の更新で、格上挑戦か地方への武者修行か、わかるかもしれませんね。
いずれにしても、放牧で休ませてからにしてほしいっす。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。