スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェンダバール

中尾正厩舎
26日の小倉競馬では好位追走から粘るも上位馬には離されてしまい4着。「今日はスタートも良かったし、外枠なので砂を被らず自分の競馬をすることができましたね。しかし最後はジリジリとしか伸びず歯痒い競馬でした。今後は権利もあるので出張馬房にもよりますが新潟の芝を検討していきたいと思います」(中尾正師)「スタートも出たしペースも速く無かったのでマイペースで先団につけることができました。3コーナーで勝ち馬が捲ってきたのでついて行ったけれど直線でギアチェンジ出来ずになだれ込んだという感じでした。距離は1000mよりは1700mのほうが合っていますね」(芹沢騎手)


スタートも良く,終始自分のペースで走れてたが,最後は脚があがってしまった。
距離がギリギリなだけに,外枠は厳しい。
しかし,何戦が同じ条件で走れば,相手次第ではやれると思う。

そう思っていたが,どうやら師は距離を重視して新潟を望んでる様子。
新潟芝14か16ですかね?
勝負をかけるには良いかもしれません。
スポンサーサイト

tag : キャロット ヴェンダバール

コメント

>ターコイズ・ブルーさん
冷静に考えると左回りが...
直線が長いのも脚がないヴェンダくんにはキツイ気がしますね。
距離だけは魅力ですが...

新潟…

全部、新潟に来るなぁ(笑)

新潟って直線長いし、あんまり向かないと思うんだけどなぁ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。