スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラークフライト

松山康厩舎
「スタート後のモタモタなどを見ているとやはり腰からトモにかけた部分がポイントでしょう。直前の追い切りはモヤで視界不良だったので、少しでも視界のいい坂路に切り替えて行いましたが、その影響が多少なりともあったのかもしれません。安全性をとっての選択だったので仕方ない部分ではありますが、調教のようないい動きが見られなかったので、その点は今後活かさなければいけませんね。脚元などに反動が来るようであればひと息入れることも考えていましたが、今のところ心配はなさそうです。原因を掴んで上を目指していくためにも今後も試行錯誤しながら取り組んでいきます」(松山康師)


反動はないようですね。
ただ,調教師が原因を掴めてないのが気になります。
対策も何もないじゃないっすか。。。
とにかく調整過程を見守ります。
スポンサーサイト

tag : キャロット ラークフライト

ヴェンダバール

中尾正厩舎
27日は調整程度。
「レース後も元気いっぱいで、調子はどんどん良くなっている感じです。次はなんとかしてもらわないと困るし、勝ってくれると思っています。この具合を維持して、来週の競馬に臨みたいですね」(中尾正師)
9月7日の小倉競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に芹沢騎手で出走予定。


中間も順調なようで何より。
とにかく来週です!

tag : キャロット ヴェンダバール

ラークフライト

松山康厩舎
23日の新潟競馬では後方の位置になり、促されながら進み前を狙いに行くもいいところなく8着。
「前走後のケアもしっかりでき、再開後の調教の動きも更に良くなっていましたから、状態面は前走以上だったと思います。ただし、スタートから後手になっていたし、行くところ行くところで狭くなってしまいました。今回は巻き返しを狙っていただけに残念です。若さもあって、トモをはじめまだ弱いところがあるのだろうし、しっかりレース後の状態を見てあげてから今後どうするかを考えたいと思います」(松山康師)
「調教の動きは相変わらずいいし、今度こそはと期待して臨みました。スタートは五分には出ているのですが、そのあとが少しモタモタして位置が後ろになってしまいます。前走は外回りの1800mで発馬後の修正ができたのですが、今回は内回りの1400mで後ろの位置のままになってしまいました。そして、前回も見せていたように左にもたれて走っていたので、まだ苦しい部分があるのかもしれません。持っているものは良いし、このような馬ではないはずだから歯痒いです」(松岡騎手)


まさかの惨敗。
そして,レースを見たまんまのコメント。。。
次走は状態次第で悪ければ放牧なのでしょうね。
調子が良ければ,中山の開幕週(1800mや1600m)はどうでしょう?
各所でダート路線案が出てますが,まだまだ時間はあるのであと1・2戦は芝を見たい。
中1週はないでしょうが,新潟(左回り)での出走だけは勘弁です。

余談ですが,まさかの惨敗で来年のあの馬への出資の気持ちが揺らいできました。

tag : キャロット ラークフライト

ラークフライト

松山康厩舎
20日は美浦坂路での追い切り(51秒6-38秒0-25秒1-12秒4)。
「今週は松岡を乗せてウッドチップで追い切ろうと思っていたのですが、キリでまったく前が見えない状況だったので急遽坂路で追い切りました。前も坂路で調教をしていたし、腰の状態も良くなっているから問題ありません。調教の動き次第で来週か今週かと考えていましたが、ジョッキーの感触もよかったようだし、いい意味で馬に元気があるから状態のいい時に使うことにしました。デビュー戦は振り返ってみればかなりいいメンバーが揃っていたレースだったし、悲観はしていません。いい走りで巻き返して欲しいですね」(松山康師)
23日の新潟競馬(2歳未勝利・芝1400m)に松岡騎手で出走予定。


どうせ来週だろうなぁ~と余裕かましてたら今週出走のようです。
調教にメリハリがないのが気掛かり。
本当に状態良いのでしょうか?
センセイを信じるしかないですが...
正直,いきなり400mも短縮して欲しくなかったですが,初戦より相手関係はだいぶ楽なのでそれでトントンとします。
あとは松岡くんに託します。

tag : キャロット ラークフライト

ヴェンダバール

中尾正厩舎
「気配が上向いていて、そのとおりいい競馬をしてくれたのですが、相手が悪かったですね。レース後馬体に異常はなく元気いっぱい。芹沢ジョッキーとも手が合うようなので、引き続き芹沢騎手とのコンビで勝利を目指します。チャンスはもう少ないので次はなんとかしてもらわないとね」(中尾正師)
9月7日の小倉競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に芹沢騎手で出走予定。


栗東に戻った模様。
さすがに戻るか。
レースを決めうちなのはいいが,相手関係は大丈夫なのだろうか?
センセイ,前日にも同じ条件ありますよ?

tag : キャロット ヴェンダバール

ヴェンダバール

小倉競馬場
17日の小倉競馬では道中4、5番手から進め直線粘り強く伸びるも逃げた勝ち馬には差を付けられ2着。
「終いまで競馬を止めずしっかり走っているんですけどね。頑張って走っているのにあれだけ差をつけられてしまうと・・・。今日は相手が悪かったとしか言いようがありません」(芹沢騎手)
「ダート1700m戦は番組の数があるかわりにその分どのような相手関係になるか蓋を開けてみないとわからない部分があります。いい走りを見せてくれたし、今日こそは決めたかったのですが、気持ちを切り替えて次に向かって行くしかないでしょう。次走は小倉4週目のダート1700m戦に向かいます」(中尾正師)
9月7日の小倉競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に芹沢騎手で出走予定。


芹沢騎手の・・・が気になります。
正しい日本語だとすると,あの後は辛口コメントしか続かないハズですが。。。
Gallopのコメントでは楽しみがでてきたと言ってるので大丈夫かな?

再度小倉で出走するようですね。
4週目ってことは,一度栗東へ戻るのかな?
前日に惜敗したカラメルと当たらないことを願います☆
スーパー未勝利戦までいく前に決めてくれると気分的に楽なのですが...

tag : キャロット ヴェンダバール

ヴェンダバール【レース回顧】

8/17(日) 小倉5R 未勝利戦 ダ1700m
ヴェンダバール,11戦目のレース。
ここまで大崩れしたのは,大下が下手に乗った中京(左回り)でのレースのみという堅実馬。
(裏を返せば決め手に欠けるというが...)

相手は7戦2着6回3着1回のカネトシヴィゴーレ,前走先着を許したカシノマルスのみ。
ヴェンダバールは三番人気(8.6倍)で出走。
馬体重は500kg(+4kg)と滞在競馬なので減ることもなく順調な様子。
鞍上は3戦目となるベテラン芹沢騎手。

【レース回顧】
好スタートから内めの4,5番手で先行。
芹沢騎手になってからスタートが良くなりました。
圧倒的人気のカネトシは軽量を生かしてマイペースで逃げる。
他に行く馬はいないため,先行集団が固まる感じでレースが流れる。
もう一頭の人気馬のカシノマルスも2番手集団で先行する。
どの馬も逃げ馬を捉えには行かず,最後まで楽に逃げさせてしまった。
ヴェンダバールは,4コーナーから外に持ち出してしっかりと伸びる。
が,時既に遅し...
前にいたカシノマルスを捉えて2着を確保が精一杯。
しかし,初の連対を果たす。

【感想】
今日は相手が悪かったとしか言いようがありません。
前走負けたカシノにも先着したので,調子は良かったのだと思います。
騎手も上手に乗ってくれたので,このまま乗ってくれると嬉しいです。
もう一度同じ条件で走って,ラストチャンス(阪神ダ1400m)に出走して欲しいです。
ヴェンダバールは本当に頑張ってくれました。
ここまで11戦目とたくさん走って,ゼッケンまでプレゼントしてくれた馬。
とにかく勝ち上がって,少しでも長い現役生活を続けて欲しいと願うばかりです。

tag : キャロット ヴェンダバール

ヴェンダバール

小倉競馬場
13日は小倉ダートコースでの追い切り。「早めに現地に行きましたが、すぐに環境にも慣れて状態はいいですね。追い切りの動きも、輸送がないぶんしっかり追えて、栗東にいるときよりもいいですよ。好走している条件なので、なんとか勝ち負けに持っていきたいですね」(中尾正師)
17日の小倉競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に芹沢騎手で出走。


今週の追い切りは久々にオッと思わせるものでした。
滞在や環境が合ってるのか,調子は良さそう。
想定では13頭も最終的にはフルゲート。
しかし,強い相手は2頭で前走時計的にもチャンスはあると思ってます。
最悪,今回が引退レースになってしまう可能性もあるだけに,とにかく勝利(最低でも5着以内)を目指して頑張って欲しいです。

tag : キャロット ヴェンダバール

ラークフライト

松山康厩舎
13日は美浦南Wコースでの追い切り(67秒1-51秒7-37秒2-13秒2)。「週を追う毎に腰の疲れも癒えて、先週後半と週末にもウッドチップで時計を軽く出し始めました。もちろん今日も追い切りを行っていて、僅かながらあった疲れも感じさせないくらいのいい動きを見せてくれています。この感じなら来週の競馬も考えることができるかもしれませんね。最終的には来週の調教を見た上で元の目標の3週目にするかもしれませんが、来週なら1400mか1800m、再来週なら1600mがあるので、状態を見つつ決めて行きたいと思います」(松山康師)
状態次第で、23日の新潟競馬(2歳未勝利・芝1400m)、24日の新潟競馬(2歳未勝利・芝1800m)もしくは31日の新潟競馬(2歳未勝利・芝1600m)のいずれかに出走予定。


状態はUP!
僅かにある疲れは週末には消えるかな?
来週でも再来週でも良いので,相手・状態を考えて投票して欲しい。
またボルテージが上がってきました(笑)

tag : キャロット ラークフライト

ラークフライト

松山康厩舎
6日は美浦坂路1本の調整程度。
「先週と比べて馬の状態が良くなっているのは確か。腰に見られた疲れも徐々に楽になっているから、中途半端な状態で使うよりはしっかりとしてから使ってあげたほうがいいので今週来週の競馬には向かわず3週目、状態次第では2週目もしくは4週目と考えています。なので、今週もバンバン速い時計は出してはいません。2歳のいい流れに乗せてあげたいですし、しっかり馬の状態を見て馬本位で予定を立ててあげられればと思っています」(松山康師)
今のところ31日の新潟競馬(2歳未勝利・芝1600m)あたりを中心に調整されている。


大事には至らないものの,調整に結構狂いが生じてる。
本当なら今週の未勝利戦をサクっと...といきたいところだったが。
とはいえ,無理をして悪くなっても仕方ないので,良化をじっくり待つしかないですね。
1600mにこだわってるのか3週目を指定してきましたが,師が言ってるように体調次第で決めて欲しいです。
なんなら,思い切って中山でも良いと思ってしまったのはオイラだけでしょうか?

tag : キャロット ラークフライト

ヴェンダバール

中尾正厩舎
6日は調整程度。
「来週の競馬を予定していますが、お盆で輸送に時間がかかるのを避け、今週は調整程度にして、今週末に小倉競馬場へ移動する予定です。馬の状態は引き続き良好で、疲れもなく順調に来ていますが、滞在でレースに臨むことで更によくなると思います」(中尾正師)
想定を見た上で来週の小倉競馬に出走予定。


来週の小倉出走を睨んで週末に小倉へ。
初の滞在競馬がどうでるか?

JRAの秋季番組発表によると,今年も9月開催の3歳未勝利戦は一発勝負。
1.5戦以内
2.直近の平場のレースで5着以内
上記のどちらかを満たす馬に限り,1回だけ出走可能との事。
つまり阪神ダ1400mを走るチャンスは一回。
しかも,来週 or その次で5着以内にならなければならない。
条件はかなり厳しいが,とにかく頑張って欲しい!
もし,来週5着以内に入れたら,阪神開催まで待機してもらいたいのはオイラだけでしょうか?

という前に,来週で決めてくれたら最高なのですが...

tag : キャロット ヴェンダバール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。