スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の競馬の総括と年末の挨拶

今年は一口の愛馬・ヴェンダバールがデビューするという特別な年でした。
2回くらい頓挫があり,年内デビューは厳しいかなぁと思ってましたが,夏以降は頗る順調に乗り込め年内にデビューを果たしてくれました。

気分良く逃げて4着に粘った新馬戦。
今までのどのレースよりも緊張したし,どのレースよりも感動しました。
朝から緊張が止まらなかったのは今でも忘れません。

色々な要因があって7着に負けた未勝利戦。
勝ち上がることの厳しさを改めて感じさせられました。

年内に勝ち上がることは出来なかったものの,元気に走ってくれて来年以降も頑張ってくれるであろうヴェンダバールには本当に感謝しています。
来年は,ヴェンダバールの無事&初勝利と1歳の愛馬(ラークホイッスルの06)が無事にデビューしてくれることを願ってます☆


POGでは,ダイワスカーレットGⅠ3勝(桜花賞・秋華賞・エリザベス女王杯)を挙げてくれました。
さらには,暮れのグランプリ有馬記念でも3歳牝馬ながら2着と大健闘でした。
この仔の頑張りにはただただ頭の下がる思いです。
他にもデイリー杯2歳Sを制したキャプテントゥーレに,鳴尾記念を制したハイアーゲームとたくさんの重賞勝利に恵まれました。
また,ファリダット(POG馬だった母ビリーヴの仔)も来年のクラシックに向けて好スタートをきってくれました。
こちらも今から来春がとても楽しみです!


馬券は...
毎年の事ですが,マイナスでした。
下手すると例年以上に冷え込んだかもしれません。


最後になりましたが,ヴェンダバールを通じて知り合えた方々,本当にお世話になりました。
とても楽しく応援することが出来ました。
もし,私が現地で応援する時があって現地観戦されるようなことがあった場合は,是非お話を伺えたらと思います。
こんな私ですが,来年も何卒宜しくお願い致します。

※2日まで実家に帰るので,お返事が遅くなります。
スポンサーサイト

tag : キャロット ヴェンダバール

ヴェンダバール

中尾正厩舎
26日は調整程度。
「毎日のように併せて乗り込んでいますので、追い切りは年明けの水曜日にやれば十分でしょう。馬は元気いっぱいでいい状態ですよ」(中尾正師)
1月6日の京都競馬(3歳未勝利・ダ1200m)に和田騎手で出走予定。


とにかく元気のようで一安心。
あとは除外にならないように祈るだけです。
というか,出来れば12頭くらいで競馬をしたいです...

tag : キャロット ヴェンダバール

ラークホイッスル06

NF空港
馬体重:475kg
この中間も順調に調整が進んでおり、現在は周回コースでダク800m、軽めのキャンター1600mを行っています。
継続して乗っていることもあり、ここ最近は前へ出て行く気持ちがしっかりと現れ、走りに力強さがあるだけではなく、常歩時の脚取りもしっかりしてきました。
まだスロー調整ではありますが、脚捌きにはいいキレが見られるので今後ペースを上げるのに比例して、スピード感あるキャンターを繰り出してくれそうな感じがあります。
どっしりと構えた気性の持ち主ということもあり、馬房内では落ち着き払っていますが、馬装を行い、跨って厩舎を出る際に指示を受け入れないなど、幾分幼さも残っています。
ただし、日毎に改善されてきているので、解消するのも時間の問題といえるでしょう。
071226.jpg



本馬も順調なようで何よりです。
軽めのキャンターでキレが見られるとか言われても微妙ですが,誉めるところが何もないよりは良いと言い聞かせます(笑)
どっしりと構えているのに言うことをきかないとはお山の大将か?
ま,スイープトウショウレベルでなければ問題ないだろう。
とにかくデビューまであと半年以上もあるから,怪我のないよう無事にいって欲しい☆

有馬記念

一番人気は,天皇賞秋を勝利し,JC3着のメイショウサムソン。
二番人気は,陽気なフランス人O.ペリエ騎乗のポップロック。
以下,お騒がせダービー娘のウオッカ,南半球産ロックドゥカンブ,GⅠ3勝含むパーフェクト連対馬ダイワスカーレットと続く。
POG馬のダイワスカーレットとハイアーゲームが出走。
例年にない豪華メンバーの冬グランプリ。

【レース回顧】
ダイワスカーレットが楽に逃げられるのかな?と思っていたら,ゴリゴリ押してチョウサン(ノリ)が逃げる。
馬場次第で作戦を決めると言ってたが,横山典弘は逃げを選択。
ダイワスカーレットは2番手に控える。
その後ろにマツリダゴッホ,サンツェッペリンがいて,ダイワメジャーとポップロックが中団,ウオッカとメイショウサムソンがやや後方からの競馬となる。
サムソンがウオッカよりも後ろという不可解な位置取り。
ちなみに高田騎手騎乗のドリームパスポートは最後方から。

道中,ダイワスカーレットは終始掛かり気味で,アンカツもどうにかなだめようと内にいるチョウサンと離す為,少し外よりに進路をとるもあまり変わらず。
後ろのマツリダゴッホはとても気分良さそうに走っている。
3コーナーで後ろの馬が前に取り付こうとするも,前にいる馬も一気にスパートする。
4コーナーでチョウサンが脱落しダイワスカーレットが抜け出るか?と思ったら,ウチから一気にマツリダゴッホがコーナーワークで先頭に。
中団より後ろにいた有力馬は伸びない!?
前の争いは,マツリダゴッホがさらに引き離すもダイワスカーレットも最後追い詰める。
しかしその差は縮まらない。
3着争いは,兄ダイワメジャーとロックドゥカンブ。
先頭は,マツリダゴッホ。

マツリダゴッホ優勝!!

混戦を言われた有馬記念も,蓋をあけてみればまさかのマツリダゴッホでした。
KYと言えばそうなのかもしれませんが,それも競馬...かな。


【感想】
POG馬のダイワスカーレットが負けて悔しいというのが一番でした。
ただ,正直あそこまでやれると思ってなかったので,大健闘と言えるでしょう。
3歳牝馬の力を証明出来たのでヨシとします。
ファン投票一位の馬はだらしなかったですが。

勝ったマツリダゴッホは,本当に中山巧者なのでしょうね。
とはいえ,力が無ければ勝てないので,強かったということでしょう。
サムソンとポップロックの敗戦の理由が???です。
秋天→JCの疲れかもしれないですね。
この2頭が揃って3着を外すとは思っていなかったので,本当に驚きました。

後悔があるとすれば,ダイワスカーレットを信じ切れなかった事ですね。
来年はもっと人気になるでしょうが,とことん信じていきたいと思います。

tag : ダイワスカーレット

ヴェンダバール

中尾正厩舎
「レースで内にモタれたとのことだけど、これまで調教でもそんな素振りを見せたことはないので問題ないでしょう。レース後も元気一杯です。ここまで2戦は来春のことも頭に入れて芝に使いましたが、ダートも悪くないと思うので、変わり身を求めて年明けのダート戦に行ってみようと思っています」(中尾正師)
1月6日の京都競馬(2歳未勝利・ダ1200m)に和田騎手で出走予定。

tag : キャロット ヴェンダバール

ヴェンダバール

中尾正厩舎
16日の阪神競馬では好位から進めるも直線内にもたれてしまい7着。

「今日はスタートもよかったし、出たなりの位置取りで競馬をしました。道中は他馬に外から被せられても目立って掛かる事なく、この馬のペースでスムーズに運ぶ事は出来たと思います。ただ外から併せられると時折内にささる事もありましたし、精神面、馬体面でまだ成長して欲しいところがありますね。直線での伸びや粘りが前走ほど見られなかったと思いますが、まだ成長途上ですし今日の走りが全てではないと思います」(川田騎手)
「外枠でもスタートよくいい感じで先行していたけど外からこられてから内にもたれて追えなかったですね。稽古は動くし、こんな馬ではないはずです。年明けはダートの番組が多いですからそちらも考えます。クロフネの仔ですし十分やれると思いますよ」(中尾正師)

071216未勝利戦



やっとダート戦への挑戦を口にしました。
しかし,そちらも考えますとは...
次はダート戦へと明言すると思ってたました。
そこまで芝にこだわる理由は何なんでしょう。
定年までに勝ち上がらせたいと思わないのかな?
&年明けはとコメントしてるので連闘はなさそう(笑)

tag : キャロット ヴェンダバール

ヴェンダバール【レース回顧】

12/16(日) 阪神4R 未勝利戦 芝1600m
新馬戦と同じ条件の未勝利戦の出走。
初戦の内容なら芝でも勝てると踏んだのか,以前のレポートではダートならかなり走ると言いながらも調教師は再度芝のレースを選択。

相手もブーケフレグランス,スズカクリエートと前走2着の馬や掲示板に載ってる馬が多数と揃った印象。
ヴェンダバールは三番人気(9.1倍)で出走。
馬体重は前走と同じ502kgで,鞍上は川田将雅。

【パドック】
今日もパドックでは,状態は良さそうに見えました。
牧場でもそうでしたが,普段から非常に大人しい仔でイレ込みとは無縁ですね。
馬体重に変動はありませんでしたが,使った上積みはあると思います。
※横断幕は見た限り3枚ありました。(前回の2枚と新たに1枚)

【レース回顧】
今回もまずまずのスタートからジワっと先団へ。
やはり外枠からということで,しばらくは外を走ることに。
落ち着いたところで内に潜り込み脚をためる。
恐らく川田騎手は,直線で巧く持ち出してと考えていたのでしょう。
驚いたのは,出遅れ気味のスタートをきったブーケフレグランスが,一気に前に進出してきた事。
ちょっと嫌な流れに巻き込まれた感アリ。
※先頭の馬が1000mをおよそ59.8と早いタイムで通過。
それとヴェンダバールが3~4コーナー辺りで,少し置かれ気味になったような気がしたのは気のせいでしょうか?
直線に入り間を割って出ようとするも,傍にいたブーケフレグランスが思った以上に抜け出なかった為,行き場をなくす。
少しして外に出し追い出すもスグに脚が上がってしまった。
最後も流れ込んできた馬に一気に差されて7着と敗退。

【感想】
枠順を見た瞬間にかなり凹みましたが,その通りとなってしまった。
やはり阪神芝16でピンク帽は不利でしょう。
さらに,1000m通過が1分をきるという早いペースでの先行も厳しかった。
今日は仕方がないという印象です。
掲示板に載れず次走の優先出走権がない為,レース数の少ない芝のレースへの出走は間隔を空けない厳しいと思われるので,次はダート戦になるでしょう。
というか,出られる出られない云々ではなく,ダート戦を使ってください。

tag : キャロット ヴェンダバール

ヴェンダバール【2戦目:未勝利戦】

ヴェンダバールの2戦目。

未勝利戦なのにメンバーが揃ったな~っていうのが本音。
それでも,前走もブーケフレグランスとはタイム差無しなので,好勝負が出来ると信じています。
ただ,阪神芝1600mで外枠は非常に不利です。
出馬表を見た瞬間,正直凹みました。
それでも,その不利を跳ね返して少しでも上位(勝利)を目指して元気に頑張って欲しいです。
今回の結果がどうであれ,次はダート戦にして欲しいなぁ~

【出馬表】
12/16(日) 阪神4R 未勝利戦 芝1600m
馬名性齢/毛色重量騎手名調教師
1
1
エルグランオンブレ牡2 / 鹿
55.0kg
武 幸四郎
(栗)田所 秀孝
2
カレンミラバッシ牡2 / 青鹿
55.0kg
岩田 康誠
(栗)安田 隆行
2
3
マルブツスカイ牡2 / 鹿
55.0kg
幸 英明
(栗)大根田 裕之
4
フィールドグランデ牡2 / 鹿
55.0kg
武 英智
(栗)山内 研二
3
5
テイエムグローバル牡2 / 栗
54.0kg
北村 友一
(栗)新川 恵
6
スズカクリエート牡2 / 青鹿
55.0kg
武 豊
(栗)橋田 満
4
7
ケルンアリュール牝2 / 栗
54.0kg
鮫島 良太
(栗)橋本 寿正
8
インダストリアル牡2 / 青鹿
54.0kg
小牧 太
(栗)橋口 弘次郎
5
9
チェリームサシ牡2 / 鹿
55.0kg
高橋 亮
(栗)高橋 隆
10
ローカストヒル牡2 / 黒鹿
55.0kg
C.ルメール
(栗)西園 正都
6
11
マイネルインゼル牡2 / 黒鹿
55.0kg
藤岡 佑介
(栗)宮 徹
12
トムウィンズ牝2 / 芦
55.0kg
渡辺 薫彦
(栗)西橋 豊治
7
13
マイソールビーム牡2 / 黒鹿
55.0kg
秋山 真一郎
(栗)川村 禎彦
14
シーシャトー牡2 / 鹿
55.0kg
石橋 守
(栗)吉岡 八郎
15
サンライズアイ牡2 / 栗
55.0kg
北村 宏司
(栗)石坂 正
8
16
ブーケフレグランス牝2 / 栗
54.0kg
安藤 勝己
(栗)角居 勝彦
17
ヴェンダバール牡2 / 芦
55.0kg
川田 将雅
(栗)中尾 正
18
カンファーライズ牡2 / 鹿
55.0kg
角田 晃一
(栗)清水 出美

ヴェンダバール

中尾正厩舎
12日は栗東CWコースで併せ馬。
「終いやや一杯といったところですが、手元の時計で6ハロン80秒7を計時していますし、引き続き具合はよさそうです。いい状態でレースを迎えられそうですし、初戦の内容からしても再度上位争いができると思います」(中尾正師)
16日の阪神競馬(2歳未勝利・芝1600m)に川田騎手で出走予定。

【07/12/12(水) 助手 栗CW・良 80.9 - 65.1 - 51.6 - 38.4 - 12.8 オースミマーシャル(二オープン)一杯の内0.1秒先着 追って一杯 (5)】

tag : キャロット ヴェンダバール

朝日杯FS

一番人気は,大先生騎乗のスズジュピター。
二番人気は,京王杯2歳Sを制したアポロドルチェ。(7枠14番)
以下,唯一の抽選馬(1/8)ゴスホークケン,キャプテントゥーレ,ヤマニンキングリー,エーシンフォワードと差が無く続く。
※例年に比べると小粒な印象。

【レース回顧】
セレスハントがゲート入りを嫌い,各馬かなり待たされてのスタートとなった。
ゲートが開いた瞬間からゴスホークケン劇場の幕開け。
好スタートからスムーズに先頭を奪う。
以下,ギンゲイ,キャプテントゥーレと続く。
人気のスズジュピターとアポロドルチェは中団から進む。
外の方の馬はこぞって後方からの展開。
それらを尻目にゴスホークケンはマイペースでスイスイと逃げる。
4コーナーで早くもギンゲイはおつりがなくなる。
キャプテントゥーレは,前走同様の走りで先頭を伺うもゴスホークケンも簡単には捕まらない。
それどころか差はドンドン開いていく。
せめて2着確保を...と願うが,内からレッツゴーキリシマが突っ込んでくる。
前との差は縮まらず,内のレッツゴーキリシマには何とか詰め寄るも最後は同じ脚色に。
そして勝ち馬はさらに前に。
ゴスホークケン,レースレコードとコンマ1秒の好タイムで快勝☆


【感想】
勝ち馬はお見事です。
抽選を通る幸運もそうだし,1番で好スタートから逃げ。
全てが巧くいった印象。
もちろん,レコードタイムに近いですから実力もあると思います。
キャプテントゥーレは2着になって欲しかったですが,良く頑張ったと思います。
最後に,1・2番人気馬は何やってんだ!?って感じでした。

ハイアーゲーム 鳴尾記念勝利

04年の青葉賞以来,3年半振りの重賞勝利☆
勝利自体も1年半振りだった。
去年,メトロポリタンSを勝った時は次走の目黒記念も確勝だと思っていた。
そんな矢先,屈腱炎を発症して17ヶ月の休養に入る。
長い休養からの復帰後2戦も消化不良に終わり,以前の剛脚はもう見られないと半ば諦めかけていました。

近走は後方ではなく中団からレースをするようになり,今日は前の方で競馬をしていた。
直線入り口で出るところがなくなった時にThe End!って思っていたら,空いたところからしぶとく伸びてくる。
抜け出したエイシンデピュティも実力馬だけに粘る。
外からはアドマイヤオーラとフジが並んで追い込んでくる。
ゴール前で並んで,僅かに差したところがゴールだった。
正直,今日はレース条件も展開も向かないと思っていただけにビックリな勝利でした。
当然,馬券は買わず...
ゴメンよ,ハイアーゲーム。
ダービー3着馬,ココに復活です!!

ヴェンダバール

中尾正厩舎
「初戦としてはまずまずいいレースだったと思います。使った後も変わりなく元気なので、来週の芝1600m戦に向かうつもりです」(中尾正師)
16日の阪神競馬(2歳未勝利・芝1600m)に出走予定。

続きを読む »

tag : キャロット ヴェンダバール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。